産婦人科の情報をご紹介します。

不妊症の治療法カテゴリの記事一覧

不妊症の治療法

不妊症の治療法

不妊症の治療を受けたらすぐに妊娠した、という例は多数有ります。
あきらめてしまう前に、気軽な気持ちで検査を受ける事も大切です。

主な治療方法

・排卵誘発:黄体機能などを改善させる為に、
      排卵誘発剤を服用又は注射します。

・タイミング指導:超音波で細胞の発育具合、
         尿・血液検査などで排卵日を測定し、
         排卵のタイミングに合わせてSEXするように
         指導を受けます。

・人工受精:排卵日を特定し、採取した精液を直接注入します。
      タイミング指導を数回行っても妊娠しない場合に行います。
      排卵誘発剤を併用する事によって、さらに確率を高めます。

・体外受精:卵子と精子をそれぞれ採取し、
      培養機器内で受精させて子宮内に戻します。

・顕微受精:精子を卵子の細胞質内に直接注入します。
      精子がたった一つでも受精が可能なので、
      精子の数や運動性に問題がある場合に有効です。

・腹腔鏡手術:腹腔鏡検査で卵管や卵巣の癒着などが見つかった場合に、
       同時に治療も行います。
       開腹手術と違い、術後の痛みも軽く、
       傷口も目立ちません。
       また、新たな癒着が生じる心配もありません。


・不妊症とは?
・不妊症の検査
・不妊について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。